サックスは買取専門業者に引き取ってもらおう|査定基準を紹介

楽器を売る方法

査定の仕方とは

女の人

使わなくなった楽器は買取専門店に査定を依頼すると高額買取してもらうことも可能です。サックスは人気の楽器のうちのひとつでもありますし、新品で購入すると費用も高くなります。しかし中古のサックスでも演奏に支障のないものが多いので、新品ではなく最初から中古品を探す人もたくさんいます。ですから中古市場の中でもサックスは高額買取が期待できる楽器です。買取をしたい時にはまず査定から始めます。中古楽器の専門店やリサイクルショップでは店頭で買取の査定を行っている店舗も多いでしょう。自宅付近に買取専門店がない場合は出張査定などを利用してみてください。出張査定の便利なところは、電話一本で自宅まで来てくれるので自分が行動する手間が省けるという点でしょう。基本的に査定は無料で行われることが多いのですが、出張の場合は出張費がかかるケースもありますので注意してください。鑑定士が自宅まで来てくれてその場で鑑定士、査定額に合意できれば買取の手続きを行います。高額買取のポイントとしては、サックスの状態が良いこと、演奏に支障がないこと、備品や付属品がついていることなどです。また人気のメーカーや型番においては高値がつくことがあります。特に限定品などは高額取引されることがあるので、正当な査定を行っている業者に買取依頼をした方が良いでしょう。新しくサックスを買い換えるときや不要になったサックスを処分するときは、買取をしてもらうとプラスになります。

用意しておくもの

マネー

サックスを買取してもらいたいという場合は、まずは買取してくれる業者を探すことから始めましょう。サックスの買取をしてくれる業者には中古販売をしている楽器店やリサイクルショップなどがあるので、その中から良さそうな業者を選ぶようにしましょう。サックスを買取してもらう前の準備としては、サックスの状態を確認しておくのがお勧めです。多くの買取業者ではサックスの状態によって、査定金額が上下するようになっています。基本的にはほとんど未使用でキズや汚れなどがない新品に近い状態のものが高額査定になりやすく、キズや汚れがあっても演奏するのに差し支えないものであれば買取してくれるようにもなっています。あまりに状態が悪い場合でも買取してもらえる場合もありますが、その場合は相場よりも安い査定になってしまうことがあるので注意しておきましょう。買取の申込方法は業者によってまちまちですが、店頭での買取の場合は直接お店にサックスを持っていく、宅配の場合は売りたいサックスを郵送で送る、出張の場合は自宅などに業者に来てもらうことになっています。宅配や出張を利用する場合は、業者に事前に問い合わせるようにしましょう。サックスの買取をしてもらう場合に準備しておくものには身分証明書があります。運転免許証、健康保険証、パスポートなどが必要になりますので、忘れずに準備しておきましょう。また未成年の方が利用する場合は保護者の同意が求められるようになっています。保護者の方に同意書などに記入してもらうか、電話での同意の確認や保護者の方の同伴が必要になっているので、未成年の方は準備しておきましょう。

汚れている場合は掃除を

考える人

サックスを初めて買取ショップに売るという人は、きちんと買取ってもらえるのかと、どうしても不安になってしまいがちです。ですが信頼できる買取ショップを選びさえすれば、適正な査定をしてくれますのでそれほど心配をする必要は無いでしょう。サックスは楽器ですから、それなりの知識を持ったスタッフがいる買取ショップに、持って行く事をおすすめします。もちろんサックスの状態は隅々まで調べられますが、適正な査定額を出してもらえますので納得した上で手放すことが出来ます。あまりサックスに詳しくない買取ショップに持っていってしまうと、相場からかけ離れた査定額が付く可能性もあるので注意が必要です。サックスを実際に買取ショップなどに持っていく際には、できるかぎり説明書や保証書、ケースといった付属品は揃えておいた方が良いでしょう。付属品がきちんと揃っているだけでプラス査定になる場合もありますし、大事に扱ってきたという印象を与える事も出来ます。目立って汚れているような場合は、壊したり傷を付けてしまわない程度に、軽く掃除をしておくのも良いでしょう。また高く買取ってもらいたいからといって、あまりにも強く交渉をするとかえって逆効果になってしまうのでそのつもりでいましょう。もちろん交渉をすること自体に何の問題もありませんし有効な手段なのですが、相手も人間だという事を忘れてはいけません。むしろお互いに気分良く取り引きが出来たほうが、なんらかのおまけをしてもらえる可能性がきっと高くなるはずです。